森とコーヒー。

よみもの

暮らしたいように暮らす。

「森とコーヒー。」は働く人たちを応援している。会社員、主婦、子育て中のひと、事業をしている人・・・。忙しくて自分がすり減るように感じた時、その人をそっと包み込むような存在でありたい。お疲れ様のコーヒーを差し伸べたい。自分のことを省みるきっかけを作って欲しい。それはもともと勤め人であった私たちが、その時欲しかったものだ。

その為には、私たちにとって「森とコーヒー。」がすり減ることなく働ける場である必要がある。自分を癒せない人に人は癒せない。不満ばかりで暮らしている人の言葉は届くだろうか。

そこで「森とコーヒー。」を作る上で決めたことがある。以下に綴る。

「森とコーヒー。」は夫婦二人で行う事業である。

「森とコーヒー。」は飲食店ではなく、コーヒー豆の小売業である。焙煎室でコーヒーは飲めるが、それは好きな豆を知ってもらう為の作業。カフェ的なサービスも必要最低限にしている。

「森とコーヒー。」の事業内容は二人で完結している。焙煎、焙煎室のSHOP営業を一人が、出張コーヒーや配達などはもう一人が担当する。働き手がなかなか見つからない土地柄、時代において、最初から他の働き手を必要としないスタイルを目指す。

そして「森とコーヒー。」の焙煎室兼SHOPは移動可能である。トレーラーハウスという、車で牽引すれば動かせる箱を焙煎室にした。私たちの住まいが移ればその時焙煎室も移動する。

動き出したばかりの「森とコーヒー。」なので、きっと修正しながら進むのであろうと思う。でも心にとっても体にとっても持続可能な仕組みを作りたい。それがいつかは「暮らしたいように暮らす」毎日につながる。誰かの癒しにつながる。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA